本格焼酎は乙類焼酎

居酒屋でもお家でも、口にする機会の多い焼酎ですが、乙類・甲類って種類があるのをご存知ですか?このふたつ、一見、非常に似ている、というか素人に区別がつかないですが、原料や製法がいろいろ違います。この呼称は1949年に設定された酒税法上の区分です。ちなみに、昔から作られている伝統的な製法は「乙類焼酎」と呼ばれる種類です。乙類焼酎は、単式蒸留器で蒸留されます。特徴は、通常一回しか蒸留しないので、アルコール以外の香味成分も抽出されること。これらが原料独特の風味や味わいになります。原料の風味が生かされるので原料は非常にバラエティに富んでおり、米、麦は勿論、芋、栗、蕎麦、黒糖などが使われています。本格焼酎ともよばれていて、ロックやお湯割りで焼酎本来の味わいを楽しむのに適しています。